COLUMN

コラム

ふるさとからの便り(北九州市 紫川10橋⑩宝来橋「月の橋」)

2021.07.07

 いつも九電ドローンサービスをご利用いただき、ありがとうございます。
 本コラムでは、「ふるさとからの便り」と題し、九州各地からの選りすぐりの映像を不定期でお届けしています。
 北九州市の小倉都心部を流れるシンボル河川、紫川。その紫川にかかる主要な橋を紹介するシリーズ「紫川10橋」。
 大好評の本シリーズもついに最終回を迎えることとなりました。応援いただいた皆様ありがとうございます!
 シリーズの大トリを飾るのは宝来橋、通称「月の橋」です。紫川10橋のうち、唯一紫川に架かっておらず、その支流、神嶽川に架かっています。橋のたもとに印されたかわいい七福神が乗る宝船と打ち出の小槌のモニュメントが「宝来」らしさを醸しています。
 さて、いままでご紹介した10の橋はどれもそれぞれの特徴を持っていますが、皆様の印象に残った橋はどの橋でしょうか?ひとつずつを訪れ、全ての名前と特徴が言えるようになった方は立派な紫川10橋名人です!

コラム一覧へ戻る