COLUMN

コラム

ふるさとからの便り(北九州市 紫川10橋⑦紫川橋「鉄の橋」)

2021.05.26

 いつも九電ドローンサービスをご利用いただき、ありがとうございます。
 本コラムでは、「ふるさとからの便り」と題し、九州各地からの選りすぐりの映像を不定期でお届けしています。
 北九州市の小倉都心部を流れるシンボル河川、紫川。その紫川にかかる主要な橋を紹介するシリーズ「紫川10橋」。今回は紫川橋です。1998年に老朽化した旧・陸軍橋を架け替えたもので、現在の通称は「鉄の橋」と呼ばれています。鉄の街・北九州にぴったりな名前ですね。その形状も鉄の持つ“力強さ”や“豪快さ”のイメージにふさわしく、大きなアーチのかかる橋です。また、この橋には様々な技術(曲げ加工や溶接)が用いられており、その一つ一つが北九州の技術力の高さを表しています。

コラム一覧へ戻る