COLUMN

コラム

ふるさとからの便り(北九州市小倉南区 三岳梅林公園)

2021.02.24

 いつも九電ドローンサービスをご利用いただき、ありがとうございます。
 本コラムでは、「ふるさとからの便り」と題し、九州各地からの選りすぐりの映像を不定期でお届けしています。
 好評の紫川10橋シリーズですが、今週はちょっとお休みさせていただき、今がシーズンの梅の便りが届きましたので、お伝えさせていただきます。今回は北九州市小倉南区辻三に位置する三岳梅林公園のご紹介です。
 かつては近くの護聖寺の茶園であったこの土地に、昭和天皇ご成婚記念として地元の方々が梅を植えたのが始まりで、昭和54年に市が借地して開園。植樹から始まった梅園も、今や約1万平方メートルの園内に約350本の梅が咲き誇る、北九州随一の梅の名所となっています。(北九州市ホームページから一部引用)
 訪れたのが2月21日の開花間もなくで2-3分咲きといったところ。それでもそこかしこに紅梅、白梅が美しい花びらをのぞかせてくれていました。これから3月上旬までは見頃を迎えそうですので、マスク等感染症対策を万全に、ぜひ足をお運びください。
 ちなみのこの地域は全国的にその名を知られる合馬のたけのこの産地でもあります。たけのこのシーズンは3月下旬~4月と少し時期はずれますが、ぜひその時期にも足を運んでいただき、お刺身、木の芽和え、煮付け、炊き込みご飯様々な料理で季節ならではのたけのこを味わってみてはいかがでしょうか。
(※注 公園内の撮影のため、ドローンは使用しておりません)

コラム一覧へ戻る